電子情報工学科【福岡工業大学:工学部】/九州は福岡の工学部で電子情報を学ぶ

第一級陸上無線技術士とは?

無線通信に用いる設備の技術操作を行うための資格であり、特に放送局(テレビ、ラジオ)、固定局、無線標識局などの無線設備を対象としている。

就職に対するメリット
 放送局、携帯基地局などの無線通信設備、航空・船舶管制基地局などに関連する企業への就職に有利

基本情報技術者とは?

ITエンジニアを目指す技術者の基本資格。「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験である。

就職に対するメリット
 IT関連企業への就職に対して、SE職、営業職のどちらにも有利

就職に有利な国家資格|難関国家資格の取得支援【2015年度】

取得可能国家資格
電子情報工学科では,就職に大いに有利な難関国家資格の取得を支援しています。
資格取得支援のための正規科目は情報系・無線系あわせて3科目あり、ベテランの専門教員による丁寧な講義を受けられます。
しかも、これらの科目を履修すれば、単位として認定されます。
また、課外でおこなわれる特別講座は、通年および夏期集中で5講座も開講されており、たくさんの学生が資格取得を目指して積極的に受講しています。
さらに,資格取得に成功すれば工学部から表彰される(ご褒美付)制度もあり、学生の資格取得へのやる気を一層高めてくれます。
このような支援により、本学科では毎年、難関資格である第一級陸上無線技術士、応用情報技術者を始め、多くの資格取得者が輩出されています。

2015年度実績資格取得状況
  第一級陸上無線技術士・・・・・・・・・・4名
  第2種電気主任技術者・・・・・・・・・・1名
  第3種電気主任技術者・・・・・・・・・・1名
  第一級陸上無線技術士(科目合格)・・・・9名
  第一級陸上特殊無線技士・・・・・・・・・1名
  基本情報技術者・・・・・・・・・・・・・3名
  ITパスポート・・・・・・・・・・・・・・2名